スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どの単語帳つかえばいいの?

今日は皆さんにいろいろな単語帳の使用感を紹介したいと思います。
前記事の単語帳の注意点もあわせてお読みください。

DUO

DUO 3.0

新品価格
¥1,260から
(2013/11/23 20:55時点)




レビューやご購入はこちらから↑

 超オススメです。ぬるぬる単語や熟語が覚えられます。
この単語帳の最大の特徴はほかの単語帳と違い例文から単語、熟語をインプットすることができるという点です。つまり例文を覚えてしまえばその例文に入っている単語、熟語、構文を覚えたことになります。
さらに、例文も非常に面白くて生きた英語が多く(ボブがいじめられます)、英語が苦手だったり嫌だったりする方もとっつきやすいのではないでしょうか。たとえばこんな文があります。
たとえばこんな例文があります。

"I'm soaked with sweat."
"Stand back! You stink. Take a shower."

訳:「汗でびしょぬれだよ」
  「来ないで!臭いわ。シャワー浴びて」

"Jennifer left me for another guy."
"Oh, you must be upset."
"Not really. I'm used to it."

訳:「ジェニファーが俺を振って他の男のところにいったよ。」
  「えっ、それはつらいわね」
  「そうでもないよ。慣れてるよ」

といったような具合です。Take a showerや、lefr one for~、 be used toといった重要表現が濃縮されています。内容も面白いですし覚えやすいですよね。もちろん会話文だけでなく地の文もあります。
このように非常に高性能な単語帳です。一家に一台あって損はないでしょう。持ってない人は今すぐ買いにいきなさい。また、リスニング用CDを併用することによって効果は数倍にはねあがります。

DUO 3.0 / CD復習用

新品価格
¥1,260から
(2013/11/23 21:09時点)





システム英単語

システム英単語 (駿台受験シリーズ)

新品価格
¥1,050から
(2013/11/23 21:10時点)




 システム英単語、通称シスタンです。王道の単語帳といったところでしょうか。難易度はDUOよりも高いです。この単語帳の特徴はミニマムフレーズという前置詞などの使い方をわかりやすくサポートする短文がついているという点です。発想はDUOと同じかもしれませんがこちらは文が非常に短い(2,3語程度)ので、リズムよく覚えることができます。また、受験で出現頻度の高いものがフレーズに使われているというのも特徴です。
 本書は五章構成で、第一章から第四章が普通に単語が乗っており、第五章には多義語がたくさんのってます。なにげに第五章はセンターの文法問題でも結構出たりするのでためになります。

なかなか優秀で万能といったところですが注意点もあります。まず、早稲田や慶応を受ける人以外は第四章はやらなくていいということです。あの辺は単語が難しすぎて覚えるのも苦痛ですし試験にもほとんど出てきません。確かに実用英語という面では覚えた方がいいかもしれませんがそれならDUOを買った方が効率が良いでしょう。

リスニングCDは直接リスニングの役には立たないと思いますが、ただたんに単語の意味を覚えていくだけなら効果があると思います。
後買うときに間違ってBASIC版を買わないように気をつけて(私です。)

③ターゲット1900

英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)

新品価格
¥1,050から
(2013/11/23 21:18時点)




 みなさんご存じのターゲット1900です。これはほんとに癖がなく無駄もなくまさに単語帳といった感じです。シスタンやDUOのようなめだった特徴がないというところが特徴でしょうか。
真面目にこつこつちまちま覚えるのが好きな人にはオススメかもしれません。というわけで他に特に話すこともありません。
シスタン同様最後の400の単語は難しいので無理して覚えなくていいです。後なんか単語帳が長細いので面白いです。

④速読英単語シリーズ

速読英単語 (1) 必修編 改訂第5版

新品価格
¥1,050から
(2013/11/23 21:21時点)




 速読英単語です。このシリーズはリスニング力も鍛えたい!という人におすすめです。受験にはこの必修編で十分でしょう。この単語帳はDUOの例文が超長くなった版と思ってくれればよいです。単語帳のように単語を覚えて、それを長文で実際にアウトプットしてみるといった構成になっています。
これがなぜにリスニングの勉強によいかというと、長文のCDを聞きながらシャドーイング(追い読み)をすることができるからです。また今度シャドーイングの重要性については説明したいと思います。とにかくCDを聞きながらこの単語帳の長文を読むだけで単語力、長文読解力、リスニング力がぬるぬるつきます。また長文のテーマもなんか受験にでてきそうっぽい文が多いのでお勧めです。DUOが合わなかったらこれ買っとけばおk

単語帳での勉強法

こんにちは。皆さん英語を勉強する際にやはり単語帳を使うと思いますが、なんかたくさんあってどれを使えばいいのかわかりませんよね?
今回は私が使ってきた単語帳をみなさんに紹介したいと思います。
私のレビューで単語帳を選ぶ際の参考になったら幸いですね。

と、その前に単語帳で勉強する際にいくつか注意点を挙げておきます。

絶対に一つの単語帳を最後までやり遂げること。
 
 正直私自信がいくつもの単語帳を転々としてきたのでこんなこと言えた口じゃないんですが、やっぱり大事なことです。途中でめんどくさくなってやめたくなっても最後まで頑張ってやってください。そうすればいろいろと余裕です。これは単語帳に限らず、他の文法の問題集でもそうですし他の教科でも同じことが言えます。特に数学だと同じものをひたすらやるというのはとても大事ですね。

常に持ち歩くこと(重要)

 重要です。家で英語を勉強しようと思って、さぁ単語帳だと言って開いて読み始める人いないですよね?(いたらお前はすごい)。やはり空いた時間でちまちま読んで覚える性質のものだと思います。そのために常に携帯していればちょっとした暇な時間にも単語帳を読むことができます。私は制服の胸ポケットに単語帳を常に入れているので制服を着ているときはいつでも読むことができます。また、分厚い単語帳なら防御力も増すので不良に絡まれても善戦できます。

単語テストとかのときに直前暗記をしない

 これは絶対やったらだめです。といってもかなりの人がやっているのではないでしょうか?直前暗記が癖になると完全に逆効果になってしまって覚えられる効率が悪くなります。というのも、直前暗記ばかりしていると脳が直前暗記に慣れてしまい、テストが終わったら全部忘れてしまいます。ですからそういう意味で効率よく脳を使えるようになるために直前暗記の習慣はやめましょう。それなら単語テスト落ちた方がましです。落ちたくない人は普段から単語帳を読む癖をつけましょう。

広く浅く

 ③にも割と関係してきますが私の経験上もっとも短時間で単語を覚える方法は広く浅く何週もする方法です。毎日10個ずつ単語覚えるぜえええとか言ってる人いますけど覚わりません。毎日10個やっても一週間後に初日の10個
覚えてられるわけがないでしょう。
 ですから単語帳をやるときは軽く音読して流すくらいでどんどん先に行っちゃってください。時間があれば単語帳一日で一周する勢いで。とにかく流して読んでそれを何週もやるほうが確実に効果的です。単語の細かい説明とかは二週目三週目に読めばいいのでとにかくどんどん読み進めてください。そうすることで格段に早く単語が覚えられるでしょう。

では次の記事で私が使ってきた単語帳を紹介していきたいと思います。

発音の勉強法

世の中にはネイティブの音声を聞きながら真似をしていれば発音がうまくなるということを聞きますが嘘です。
確かにネイティブの音声を聞くことは重要なのですが、それにはまず発音の理論、つまり発音記号を勉強することが大切です。そのうえでネイティブの音声をまねるのが非常に重要です。


発音記号は、単語帳の初めの方のページや電子辞書の中に詳しい説明があったような気がします。
そしてそこにある説明を読みながら実際に発音してみましょう。
それからネイティブの音声を聞いてそれに近づけるようにしましょう。
ここでは詳しい発音記号の説明はだるいのでしません。

単語帳とか電子辞書持ってない人は本屋いって適当な発音の本を買ってきましょう。たいていとても詳しく書いてあります。

発音記号を勉強するもう一つのメリットはたとえば単語帳で未知の単語に出会った時も正しい発音ができることです。
よくfavoriteをふぁぼりてと言ったりfriendをふりえんどと言ったりして覚えている人たちがいますが恥ずかしいのでやめましょう。正しい発音を身につければスペルも自然と分かるようになってきます。まじです。

DUO 3.0

新品価格
¥1,260から
(2013/11/21 19:01時点)



発音の重要性

学校では全く教えてもらえませんが、語学で一番重要なのは発音を勉強することなのです。
正直発音ができてないとださいです。音読しても意味がありません。
ですから英語ができるようになりたかったらまずは発音をしっかり勉強しましょう!

発音を勉強することによるメリット

①かっこいい発音をしている自分に酔える(重要)

 これは一番重要なことです。これは英語を勉強していくモチベーション向上につながります。発音がうまくなってくると音読が楽しくなり継続することができるのです。また、上手な発音で独り言をつぶやくとインテリキャラを醸し出せます。たとえば、バスの中などで電話がかかってきたふりをして英語を喋りまくります。これによって周りの人は、「え!超やばい!あの人英語しゃべってる!」となりもうモテモテです。皆さんも上手になったらためしてください。

②テストで発音の問題が解ける。

 テストで発音の問題が出たとき楽勝で解けます。しかし配点は低いので正直どうでもいいです。

③発音からスペルを推測できるようになる。
 
 これは割と重要です。たとえばリスニングでライトという単語が出てきたときに、rとlの発音がわかっていればどちらか即座に判断できるので非常に有効です。まぁプロは文脈で判断します。

④リスニングで非常に聞き取りやすくなる

 これは非常に有名な話ですが自分が発音できない音は聞き取れないのです。ですからリスニングができるようになりたかったら発音をまず勉強しましょう!



みなさん、発音の重要性が分かったでしょうか。
明日から英語の授業は内職して発音を勉強しましょう!

では次の記事で具体的な勉強方法を適当に書いていきます。

DUO 3.0

新品価格
¥1,260から
(2013/11/21 19:01時点)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。