スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語を英語のまま理解することが重要

こんにちは。今日は主に長文読解のとき方についてです。

まず率直にみなさんにお聞きしますが
長文読解をするときに、英語を日本語に訳しながら読んでいるでしょうか。

もし日本語に訳しながら読んでいてなかなか点が取れないという人は
今すぐその読み方をやめてください。


というのも、長文読解で点が取れない人の多くは英文を読むのに手間取ってゆっくり問題に取り掛かれない
という問題を抱えているのです。

ですから今日は英語を英語のまま頭に取り込む勉強法を教えたいと思います。

方法は簡単で、単語を日本語訳するのではなく単語をイメージ化するという方法です。
例えば、「stone」という単語を見たり聞いたりしたときに、すぐに頭に「石」という文字が浮かんではアウトです。
理想はこのとき頭に石の絵や写真がとっさに浮かぶことです。
この状態が、英語を英語のまま理解するということです。

このように単語を覚えるときは日本語訳は補助程度に考えて、イメージを主として覚える習慣をつけることが
英文を早く読めるコツ、ひいては長文読解の得点につながっていきます。

ちなみにこれは名詞だけでなく形容詞や副詞、前置詞にも自分なりのイメージをつけることで英語のまま理解できます。
例えば、「on」という単語だったら「~の上に」と訳すのではなく何か物が壁にひっついているようなイメージをするといった具合です

しかし、単語帳の訳を見ただけではイメージがなかなかつきにくい場合も多いでしょう。
そういったときにオススメなのが英英辞書です。たぶん電子辞書の中に入ってます。

英英辞書というのは単語を引いたときにその説明が英語で書かれています。
ですからその説明を読めばその単語の持っている根本の意味がわかるので、イメージもしやすくなると思います。

またこの勉強はリスニングに絶大な効果をもたらします。
リスニングというのは流れてくる英語を日本語にいちいち訳していたら100%間に合わず、聞き取れませんからね。
逆にイメージをしっかりもてていれば英語が流れてきても、その内容がイメージ、なんというかムービーのように流れて理解することができるのです。

英語をいちいち日本語に訳しているみなさんはこういった勉強法も試してみてください。新たな世界が開けるでしょう。
(京大志望の方はこの勉強はやらないほうがいいかもしれません。和訳英訳が非常に厳格なので・・・)





英語をしゃべるために・・・(+英作文)

こんにちは。
今日も性懲り無く英会話についてです。でも英語の勉強も兼ねます。

みなさんはいろんな単語や文法を勉強していますが、いざ英語で話そうとなると
めっちゃ簡単な文章もなかなかでてこないことがよくありますよね?

それは、普段からインプットの勉強ばかりしていてアウトプットの勉強がないというのが主な原因だと思います。
そこで英語がしゃべれるようになる(英作文ができるようになる)勉強法をお教えしたいと思います。
実際に私もやっている勉強法です。

やり方は至極単純です。

たとえばあなたが友人と雑談をしていたとしましょう。
そこでいつも、
「こういう文章は英語でなんていうんだろう?」と考えるのです。

よく私たちって会話とかで、「っていうかさ~」とかって使いますよね。
こういう表現は英語でなんて言うんだろう・・・っていつも疑問を持つことが大事です。
んでもっと大事なのは実際に調べて使ってみることです!
喋ってる時に心の中で、あぁこの言葉はあれだなとか思うのも有効です。

ちなみに「っていうかさ~」は or parhaps to say とか言ったりします。

他にも本を読んでる時の登場人物のせりふとか英語に訳してみたりするのも面白いかもですね。
こういう習慣を続けているとなんかいろいろ話せるようになってくるし、英作とか余裕になります。

みなさんもぜひやってみてください

CD付 ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100 (スティーブ・ソレイシィの英会話シリーズ)




思ったことがすぐに話せる!即実践英会話術


'wear'は「着る」じゃない!

こんにちは。
最近忙しくて更新が滞っておりました。

今日はみなさんが間違えやすい英単語wearについて話します。
タイトルにあるように、wearは着るという単語ではありません。
着ている という状態を表す動詞なのです。

例えば、「今日の朝、彼女はお気に入りの服を着た」という文を英訳したいときは

×This morning,she wore her favorite clothes.
This morning,she put her favorite clothes on.

と、このように着るという動作にはput onを使います。
put onってなんとなく動作を表してるっぽいですよね?
着ている状態を表したいときはwearです。上の×の文だと、「彼女は今朝、お気に入りの服を着ていた」という意味です。

また日本語で訳すと着ているという意味になってしまいますが、身に着けるものであれば全部これでいいです。
眼鏡をつけている、、、靴を履いている、、、などです

後最近思うんですが、私たち日本人って英語を学習するときどうしても難しい単語を色々覚えようとして
こうした句動詞(動詞に副詞や前置詞がついてひとつの動詞のような使い方をするやつ)結構知らなかったりするんですよね。英作文とかで句動詞たくさんしってるとめちゃくちゃ有利ですし、リスニングでも句動詞たくさんでてきますから余裕のある方は一度句動詞をしっかり勉強してみるのもいいのではないでしょうか。(私も今勉強中です!)


almostの誤用(重要!)

こんにちは。
今日は私の5年間近く習ってきた英語の常識が覆された話をします(笑)

実は最近、大変興味深い本を購入しました。それがこの本です

中学英語を一瞬でネイティブ英語に変える法―――会話力が10倍高まる50のテクニック




ものすごくためになることがたくさん書かれていたのですが、その中でもひとつ衝撃を受けたものを紹介します。

それがalmostの誤用です!

almostという単語はみなさん文章のなかでも良く出てきますし、英作文で多様する表現でもあるかと思います。
しかし、場合によっては意図していた意味と全く違う表現になってしまう可能性があるのです。

almostというのは普通「ほとんど」と訳しますよね?
しかし、ほとんど という訳は実は非常にまずいのです。

例えば次の文章
I almost understood what you said.
を普通に訳すと、たぶんほとんどの人が
「私はあなたが言ったことをほとんど理解しました。」
と訳しますよね?

しかし、この文章で実は私はあなたの言ったことが理解できてないのです。

正しくは、あなたの言ったことがわからなかったけれど、後ちょっとで理解できた
という意味、ニュアンスになるのです。びっくりですよね?

では、本当にほとんど理解したといいたいときには何を使えばいいのか?
それがmostlyという単語です。
mostlyにはみなさんが意図している「ほとんど」と同じ意味ですからこれを使えばOKです

ですから先ほどの文章を、私はほとんど理解した・・・ という意味にしたいときは

I mostly understood what you said.

とすればいいわけです。

確かに、フルハウスのようなアメリカのドラマを見ているときに登場人物が
I almost forget!(忘れるところだった!)
と言っているのをよく聞きますよね。

ですから、忘れてはないけど後少しで忘れそうだった→忘れるところだった!という訳になるわけです。

いかがでしたでしょうか。普段何気なく使ってる英語が、実は意図していたものと全く違うものだったというのは
結構あります。
ですから気になる人がいればぜひこの本を買ってください。すごく面白かったです。



ピアノ弾いてたら・・・

こんにちは。
今日の話題は勉強法に入るかどうか微妙なんですけど・・・

私はピアノを習っていてスペイン狂詩曲という曲を練習しています。

それで今日もいつもどおり練習していたんですが、なかなか弾けない部分が多かったので
ちょっと初心に帰ってものすごくテンポをゆっくりで練習してみたんですYO。

そしたらものすごくゆっくりなのにきちんと弾けない部分が何箇所かあって、そこを
重点的に練習したら速いテンポでも弾ける様になったのです。

んで何が言いたいかって言うとこれって勉強でも同じだなぁと思ったのです。
やはり基礎がしっかりできていない状態で難しいことをやっても何にも意味ないと言うことです。

みなさんも色々な趣味をお持ちだと思いますが
ちょっと頭を働かせて、それを勉強に応用してみると
意外にも勉強に役立つことが発見できるかもしれません。

逆も然りですね。自分の勉強法が、他の色々なことに同じように応用できることもあると思います。

みなさんもちょっと意識してみてはいかがでしょうか。意外な発見があるかもしれませんよ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。